「お彼岸にお墓参り」は日本の古き良き習慣です

お墓と葬儀に関するご相談はアイエムお客様相談センターまでお問合せ下さい。

お電話でのお問い合わせは0120-501-373までお気軽にどうぞ

  • 墓石施工例
  • 霊園墓地
  • 檀家墓地
  • 在来仏教型浄苑
ご縁が一番みなさんと「0120-501-373」



お彼岸の「彼岸」は、「到彼岸(とうひがん)」という言葉に由来します。「到彼岸」とは、サンスクリット語の「パーラミター」(漢字で「波羅蜜多」)を訳したもので、人間の悩みや苦しみ、欲望といった、いわゆる煩悩を川の流れにたとえて、煩悩に満ちた俗世間である此岸(しがん)から、迷いのない悟りの境地である彼岸に到るための仏道修行を「到彼岸」といいます。
やがて、悟りの世界である彼岸を、死後の安らかな世界である浄土と捉えるようになり、現在のように亡くなったご先祖様に想いを馳せる「お彼岸」が定着していったようです。


お彼岸のお墓参りに便利な情報はこちら



彼岸会とは

  日本の彼岸の法要、彼岸会(ひがんえ)の始まりは桓武天皇の時代であったといわれ、『日本書紀』八〇六年の記録にその記述が見られます。ただし、この頃はまだ彼岸の言葉は使われておらず、「春秋の二仲月別つ七日、金剛般若経を読ましむ」と記されています。彼岸が「盆」と並ぶ行事となったのは平安時代の中頃で、中国浄土教の僧、善導が『観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)』の解説書として記した『観経疏(かんきょうしょ)』の影響により、太陽が真東から昇り真西へ沈む春分と秋分の日に、西方にあるといわれる阿弥陀如来の極楽浄土を心に描き、極楽に生まれ変わることを願い、亡き人の供養を行う彼岸会が行われるようになったといわれています。
 このため彼岸会は日本独自のもので、仏教が生まれたインドや中国では彼岸会は行いません。

 彼岸は春分と秋分の前三日間を含む七日間のことを指し、初日を「彼岸の入り」または「入彼岸(いりひがん)」、真ん中の日を「彼岸の中日(ちゅうにち)」、最後の日を「彼岸明け」「結彼岸(けちがん)」などと呼びます。  また、春分の彼岸を春彼岸、秋分の彼岸を秋彼岸として区別し、春彼岸には牡丹の花が咲く季節であることから小豆の粒を牡丹に見立てたぼた餅(牡丹餅)を、秋彼岸には萩の花にかけておはぎ(お萩)を供えます。古い時代には、秋に収穫してまだ柔らかい小豆を使ったおはぎは粒あんを使い、年を越して保存し硬くなった小豆を使うぼた餅はこしあんで作ったというように、亡き人への供養にも智恵を絞り、花になぞらえるところに日本人の感性の豊かさが感じられます。



電話は0120-501-373まで。フォームでのお問合わせはこちらからどうぞ。 メールでのお問い合せ